グラススタジオチロのコトノハ

吹きガラス工房「グラススタジオチロ」のブログです。 H.Pはこちら→http://glasstiro.fc2web.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寒くなってきた~。

ほんの1ヶ月前まではクーラーをガンガンに動かしてました。
それが今は暖房を付けるか迷う有様です。
工房内も冷え冷えしているので、吹き用の扇風機には
来年の夏まで暇を与えようかと考えています。大笑い。

昨今の2人はせっせとせっせと蟻のように作り貯めしています。
(溜め、はちょっとやだ。)
大振りな作品も大汗かかずに作れて快適です。


そういえばユーロが底値だったときに、
クグラー社から色ガラスを輸入しました。
3年前はこんな値段になるとは思わなかった!
1ユーロ110円也。
試したかった色もキロ買い。

160円だった頃にキロ4,000円だった色が
2,800円を切る計算になるもんで、
イマイチな色調でも勿体なくない。
仕事の幅もちょっぴり広がりそうです。

今後相場がどう振れる分かりませんが、
今の価格でも買いに間違えないでしょう。
問題があるとすれば、在庫の棚卸しと
恐怖の確定申告が非常にやっかいな事かと。


そう、こんなに円が高いなら、政府も企業や商店の在庫やら何やらに
課税しないで、何かしら緊急優遇措置をとってくれれば、
レアメタル関係であんなにやかましい事にならずに
済んだのではなかろうか???浅知恵的意見。

しかも一時の倍の価値が円にあるとは思えない。
これから人も仕事も減る国の通貨が高いのは、
某国の捨て駒にされている??と穿って思ってしまうわけで。
おからのように捨てられるのか?おからだって栄養満点だぞ!


まあ、脱線はさておき、来年の干支も制作していますが、
今期は展示会がを2つ控えていますので、
通販の形は取らないことにしました。
委託先にもまとめてお願いすることは決まっていますし、
高岡と銀座での展示会には2種類程度持っていきます。
画像は後日掲載しますね。

チロ産のうさちゃんに出会えた方は、是非触ってなでてやってね。
全部顔が違うので並べると大変ユーモラスなのですよ。

その他はごくごく平凡な日常。それが一番すばらしい。








スポンサーサイト
  1. 2010/10/26(火) 17:56:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休みボケ

点火して1ヶ月。

楽しい吹き三昧的な日々ですが、
最近小さいヤケドしまくりです。こりゃいけません。
休みボケで注意散漫になっているやもしれません。

基本的にずぼらでだらけなので、自慢じゃありませんが
自分がやりたい事、興味がある事以外、殆ど気が回りません。
なのにガラスに対して注意散漫ってなんなのか?

指先ならすぐ治るので気にしないけど、
手首のちょい上を2cm角で軽く焼き印をしまったので、
埃やチリが出る加工作業はお休みしています。
(吹き作業は通常通りに出来ます。)

あとちょっと加工すれば完成する作品もしばしお預け。
何とも歯がゆい状況ですが、薄皮1枚を剥がさないよう
あと4,5日は我慢します。若干治りかけだからか
かゆくてかゆくて仕方ありません。日々加工が溜まっていく・・・。

いつもはアームカバーしているのに、そういうときに限って
うっかり忘れているもんです。瞼を深く根性焼きしたときも
うっかり眼鏡を忘れて作業したからだったなぁ。と思い出しました。

何事も慣れた頃が危ない。

  1. 2010/10/17(日) 18:16:58|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

炉やらなんやら。

以前炉を修繕したと書きましたが、
一応壷洗いもして、チャージして、ボチボチ吹き始めています。

壷の底には炉材系のゴミが結構溜まっていたので、
掃除をしてやると綺麗なガラスが溶けて気分良いです。



急に涼しくなったと言っても吹き場は30度近い室温なので、
未だに半袖族ですが、夜半の帰宅時が寒いので
上着かアームウォーマーは必要。この気温差は体調に影響を与えるので危険です。

長袖で吹きが出来るような気温になるまで、もうしばらくでしょうか。
夏着は個人的に嫌いなので、早く寒くなって欲しいもんです。



久々に溶けたガラスを触って、なぜかしら嬉しくなって、
試運転のつもりが勢い余って吹き三昧の日々でした。

吹き再開は小林が丁度大阪に行っていて不在。
誰も手伝いはいない状況で、準備運動をあまりせず、
(何とな~く大丈夫な気がした。)重たい物ばっかり
作っていたら一週間後に手首が悲鳴を上げました。

今日から湿布とテーピングをする羽目に。何事もほどほどが吉ですな。



写真一番下は吹き竿等々です。
20年選手が半分。一番若いので10年選手。
すでに曲がってきたり内側が錆ができたりして、
随分前から買い換え推奨品です。

専門器具はどの業界でも意外と高価でして、
なかなか買い換えできません。内側の錆はダイヤヤスリで
その都度取って対策。(意外となんとかなるから、
捨てるくらいならおすすめ。)

曲がり気味の竿は塊やアンシンメトリーな作品を
作るときに使っています。

ステンのストレートなポンテ竿も曲がりが出てきて
先を切る必要があるけど、2,3cm短くなると
巻き取りがあっちいから悩むところです。

10年前は鉄もステンも安かった!時代が良かったのか?
せめてもっとステン材を買っておけば良かった!



CA3F0383.jpg

CA3F0384.jpg

CA3F0385.jpg




  1. 2010/10/05(火) 13:33:45|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。