FC2ブログ

グラススタジオチロのコトノハ

吹きガラス工房「グラススタジオチロ」のブログです。 H.Pはこちら→http://glasstiro.fc2web.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もくもくと。

もくもくと。

確か、2年位前に母体のガラスを変更したと書きましたが、
やはり弊害と利益が併走しています。

今となってはメジャーである元のガラスには欠点が多々ある。
そして、今扱っているマイナーなガラスも微細な問題発生。
特性を生かして貫入ガラスを制作してますが、
いずれまた変えるかもしれません。

ちなみに品物としては何も変わらず、
品質は原料メーカーの折り紙付きです。
安全にお使いいただけますのでご安心ください。


制作というモノは、作者の一部を写し取る作業に似ている気がします。
私は表裏がある、いわゆる出来ていない人間なので、
意識せずとも表裏ある作品やオブジェが基本姿勢です。

20代前半の吹き作品はポップな色調で楽しげでした。
そういえばあの頃はたくさん作って、広く浅く楽しんでもらいたい!
と思っとりました。気軽に楽しんで作った器は使いやすいのですが、
ここ数年で現存するシリーズはかなり少なくなりました。
(仕事場にはサンプルや型落ちが今でもゴロゴロ・・・)

最近の仕事は気軽に扱ったり、無理に進めると
歪みとほころびが顕著に表れてしまうナイーブなガラス。
常に機嫌を取りながら制作してます(笑)

1点に集中しすぎたり、根を詰めることは不得意なので、
近年金絵付けや銀彩の作品も併走して作っています。(ガラスですよ)
これが楽しい~。綺麗に色が付いたり、
しっかり挟み込み出来たら素直にうれしいもんです。
透明な部分と金彩の部分の陰影やら、ガラスの厚みで
見える光の具合やら、純粋にガラスを楽しめます。

そして、その気分のまま、ちょっと疎遠にしていた
ナイーブな作品達に向かう事にしています。

こっちがとんがっているとガラスにも伝わるのかもしれません。
ちょっと疎遠気味、なんて具合が、
もしかしたらちょうど良いのでしょうか。
自分が思っているより、私って繊細なのかも。と、
作品を見ていて思ったりするこの頃です。
↑知人が見ていたらコーヒー吹きそう。

福岡での展示会では小林は毎度の季節の鳥ラインナップ。
私は何やらよろずや的ラインナップになりそうです。

何だか小林情報がおまけみたいになってしまって恐縮ですが、
彼も小物の種類をほんのちょっとだけ増やして持って行く
準備をしています。(あくまでメインは大きめサイズの作品群)
小林の作品たちは今更わざわざ特筆せずとも。

しかし、私も小林も公私ともに九州初上陸で、
知人も縁者もお客様もいません。
なるようにしかならない。で頑張ります。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/21(月) 21:45:13|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨入りとスイカ。

ジメジメして不快度数が上がる季節です。
でも梅雨が終わると気温が上がるから、梅雨明けは考えたくない。
ちょっとマイナス寄りの思考になってしまうこの頃です。

そんな中、スイカのお裾分けを貰って、仕事の合間に食べました。
小林はin大阪なので独り占め。それが季節先取りなのに甘くて瑞々しい!!
この辺でスイカの露地物は7月末からなので、ハウス栽培なんだと思います。

露地物が沢山出回る様になると、毎週のように1玉買って、
がぶ飲みするように食べるのが近年の恒例。
食が進まない時はごまだれ冷やしうどんで乗り切ります。
アイスクリームを箱買いするも恒例(汗)

不快度を下げてくれるのは、やはり食でした。

今週は加工強化週間。
小林はソリッド土台の研磨。私は延々サンドブラストと土台作り。
ブラスト機の中にあるライトのせいで、長手袋の中がもう暑い。
あれ、LED電球にすれば快適なのかも??
  1. 2010/06/17(木) 20:13:37|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の気配。

おかしな天気だった5月から一変して、6月は夏の気配を感じさせる
お天気が続いています。これより10度から15度は暑くなると思うと、
げんなりしてしまいますが、何とか元気で頑張っています。

ちょっとでも涼しいうちに大きめの作品を。
と思いながら、闇雲に作るわけにもいかないので、
色合いやら大きさやら、確認しながら制作すると、
1人1日1ヶの下地作りがせいぜい。
1週間掛かっても大した数が仕上がりません。

2人とも加工が遠い道のりなのですが、
私は根を詰めるとバランスが良いのか悪いのか、品物の遠近感やら
何やらが、さっぱり頭の中で認識できなくなって、
所謂ゲシュタルト崩壊を起こしてしまう傾向にあります。
解除すべく途中で休憩を挟むと・・・やっぱり進みません(泣)

初期の頃の方が作るスピードが速かった。
最近は下手すれば加工にまるっと1ヶ月掛かる。
削りすぎると色が飛んでしまうし。

そういえば小林も今の作品の方が何倍も時間が掛かる。
と言っていたような。そんなもんなんでしょうか。



CA3F0309.jpg




もう何日も格闘している、ま・・・まりも?!

バランスが良すぎても不自然。でも整ってないといびつ。
全然進みません。何時になったら彫刻できるのか。
ちなみにこれは某鳥ちゃんの愛車になります。←あれ?

先日書き込みした小林の食中毒ですが、1/1000には当たらず!
食事の量が減ったくらいで体調も良いそうです。
とりあえず一安心。

今後は体に合わない物を好奇心に負けて試し食いするのは、
是非とも辞めていただきたいもんです。

某氏の体は製造から40年近く経過しております。
作家としてはまだまだ若い?それでも、寄る年端には勝てません。

  1. 2010/06/11(金) 22:41:09|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。