グラススタジオチロのコトノハ

吹きガラス工房「グラススタジオチロ」のブログです。 H.Pはこちら→http://glasstiro.fc2web.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年も残すところあと4日です。

月半ばの大雪で師走の忙しさに拍車が掛かったチロ工房です。
都会からお客様がいらしたのですが、無事に飛行機は飛ぶ?
と心配したり(確か欠航。)
小林も大雪と強風のために大阪に取り残される事態があったりと、
まぁ、それはもう色々です。

PCにゆっくり向かえなかったので、干支の締め切りが遅くなりましたが
今日で締め切らせていただきます。

無精な私ですので、これが今年最後のブログになります。
年末最後らしく今年の感想というか、振り返ってみて思った事というか、
これからの思いというか。

ガラスに携わって15年以上経過し、それに触ることが当たり前に
なる中、素材としての面白さと難解な部分に改めて気がついた様な気がします。

水にも勝る「透明」という絵の具を使えるのはこの素材だけで、
それを生かすも殺すも、振り回されるのも作者次第。

溶岩のように真っ赤に燃えるガラスを巻き取って、
手の中で道具を介して好き勝手に動かすことが出来るのも、
所有者の保管次第では1000年も2000年も、
もしかしたら3000年位は使うことが出来るのも、
改めて考えると不思議なことです。

火を使いながら水を感じさせる特異な素材で、
しかも自分たちの寿命より遙かに長い寿命を持つ彼らを、
これからもうまく調教(笑)して華麗(大笑)に進化させられたら
それはやっぱりすっごく楽しい事だろうなぁ。と、しみじみ思うのでした。

桜に夢見て 1

ではでは、良いお年を。


スポンサーサイト
  1. 2009/12/28(月) 12:22:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走

毎年1年過ぎるのが早くなってきたように思いますが、
この感覚は間違っていないようです。

3歳児の1年は人生において1/3。
そりゃ長くて当たり前。

10歳の1年は1/10。
うんうん。

では私、現在3×歳。1年は人生において1/3×。
短くて当たり前でしょう(号泣

今年ももう終わり。何か自分の中で成長できたのか
謎につつまれていますが、何事も経験は無駄にならない。
と言い聞かせて、これからは見聞を広めるべく
地味にこつこつ頑張りたい。とまるで年末みたいな締めくくりになりますが、
そう思う次第です。

少々遅くなりましたが、チロの年賀状を印刷屋さんに発注しました。
今年は1月に展示会が無いので、オリジナルポストカードです。
(公私ともに使用します。)

切手部分に隠れてしまう場所には、パース全無視の落書きチロマーク入り(w
番号発表の後、ハズレの方はめくってみてください。
モデルは天国(多分)の愛犬チロです。

いやはや年賀状用のポストカードは難しい。
季節は春。新春だけに色味も華やかな感じが良い?

・・・・・・うーん、無い。
ちょっとクールなハガキになりそうです。

というか、北陸の冬空色を考えると、
華やか?何それおいしいの???な気分。

今日もぐずぐずした空模様。鉛色の世界が広がっています。
私は見慣れているので違和感はありませんが、
太平洋側で育った方には嫌で嫌でしょうがない色合いだそうです。
雪の日はうっすら薄紫色になる空。それもまた日本の風景。

今月中に雪も降るのでしょうね。うーん。



  1. 2009/12/03(木) 16:38:46|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。