グラススタジオチロのコトノハ

吹きガラス工房「グラススタジオチロ」のブログです。 H.Pはこちら→http://glasstiro.fc2web.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

梅雨あけず

もう一週間前になりますが、7月22日、
しっかり部分日食を観測しました。

なんとその日だけ奇跡的に晴れ。
日差しが差しているのに薄暗いような不思議な雰囲気でした。
宇宙の神秘と奇跡、いや~、いいですね~。

それ以来シトシトジメジメした日が続いています。
吹き場は常夏ですが、梅雨明けは一体いつなんでしょう。

異常気象であれ、体に無理せず、コツコツ制作しています。



スポンサーサイト
  1. 2009/07/28(火) 12:16:41|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天体ショー

昨年の中国、シベリアで観測された皆既日食は
某女優さんがプロポーズされたとか何とかで
えらく騒がせていたのでご存じの人も多いはず。

そして来週7月22日11時頃に悪石島付近で6分弱もの皆既日食が
観測できると、4月頃からになって騒がしく報道されていますね。
私がその情報を得たのは昨年末。

日本で皆既日食が観られる!

情報を得たのも動くのも遅かったので、
お手軽なツアー等はとうの昔に売り切れでした。
さすがに2泊3日に40万円~80万なんて逆立ちしても出せません。
無知な私が悪かったんだと言い聞かせて、
現地に行くことをあきらめました。
仕事を切りつめても観に行きたかったなぁ・・・。

ですが、今回の日食では北陸からでも8割欠けた
太陽(部分日食)が観られるはずです。
※注 天気が良ければ(滝汗)

溶接の面等の遮光プレートでガン見する予定です。
皆さんも仕事の手を休めて太陽を観てみませんか~。

昔から1回で良いから皆既日食を観てみたいと
思っていたので、なんとかチャンスをもぎ取りたい一心で
色々調べてみたところ、なんと2035年9月2日に
関東から北陸に掛けて皆既日食が観られるそうです。

うおっ、思いがけず真下で観測できるチャ~ンス!

ちなみに私は還暦間近の歳になっております・・・。

さすがに想像がつかん。






  1. 2009/07/17(金) 10:24:53|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初蝉

週末だったか、行きつけのガススタンド(大笑)
にてアブラゼミの鳴き声が聞こえました。
初蝉、という言い方が正しいかは分かりませんが、
例年よりちょっと遅いように感じます。

蝉には申し訳ないけど、あの音は暑さ倍増なんだよね。

何年も土の中で暮らして、地上では1週間の命。
そんな風に思うには申し訳ないくらい精一杯生きている事は
分かっているのだけどね。

風流を味わえないくらい忌々しい季節の代名詞だもんで、
ついつい毒を吐いてしまうわけです。
↑八つ当たりとも言います。

さて、最近文章ばかりで、少しは画像くらい載せようと
メインPCから小林の作品画像を引っ張りだして掲載します。
お宝画像は沢山ありますが、折角なのでDMなどであまり
お見せしていないタイプの作品を。

作品は日進月歩、色や形も常時マイナーチェンジしています。
また、何故か1回しか制作しなかったデザインもありますので
作品展通になっていただけると色々な見方が出来て面白いと思います。

ちなみに黄色い鳥は黄鶲、花はやまぼうし。
お月さまの作品は梟です。
そういえばやまぼうしの季節はとうの昔に終わってしまいましたね。

月と梟を選択したのは早くも秋が待ち遠しいから。
秋の空気と味覚が恋しいです。栗とか梨とか芋とか。



キビタキ


ふくろう


  1. 2009/07/13(月) 17:21:09|
  2. 小林作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏時間始めています。

いつの間にか7月です。時間が経つのはあっという間。
富山は梅雨本番ですが、チロでは一足早く暑さ本番となりました。
工房内の温度も急上昇しまして、一般的な気温プラス5~8度。
これはイカン、ということで夏時間を始めることにしました。
最終的に4時起きにするべく調整中ですが、多分挫折するでしょう。

暑さが増して蚊も1年ぶりに出勤なさいました…。
私は蚊のアレルギーが強い体質で、蜂に刺されたかのごとく、
それはオーバーに腫れあがります。

しかも工房にはヤブ蚊が日参(号泣)
これに刺されると非常~に厄介なので、
渦巻きの蚊取り線香を焚いて作業しています。
彼らも命がけでしょうが本当に勘弁して欲しい。


そういえば4年前の夏の終わりに左の上瞼と下瞼をやけどした(ミナミです。)
事をブログに掲載しました。その節はご心配をお掛けしました。

完治後の話をしていなかったので、あらためて書きます。
上瞼はやけどの痕が分からないくらい綺麗に治りました。
下瞼は柔らかい皮膚なので他の部分より白く少し盛り上がって
しまいましたが、やけどの痕だと言わなければ
多分誰も分からないと思います。

6mm角と小さいけれど深いやけどで、薄皮が出来るまで約3ヶ月。
赤く薄かった薄皮がしっかりしたものになるまで1年半ほど掛かりました。
(その部分は毛穴も汗線も消滅しました。)

辛くて不便な思いをしましたが、
眼球に焼けたガラスが直撃しなかったのは奇跡です。

あとコンマ1秒瞬きが遅かったら。

600度超のガラスが目を焼いていたのかと思うと今でも恐ろしい。
あれ以降どんな些細な作業でも眼鏡は欠かせません。
体のスペアはありませんから、ガラス屋の皆さん。どうかお気をつけください。
  1. 2009/07/06(月) 09:30:18|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。