グラススタジオチロのコトノハ

吹きガラス工房「グラススタジオチロ」のブログです。 H.Pはこちら→http://glasstiro.fc2web.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

八月も終わり。

今週から吹きガラス再開しました。
熔けたガラスでいっぱいの坩堝を見るとわくわくします。
火の神様が喜びのダンスを踊ってる!!!みたいな?
そんな考えになるのも、生粋の吹きっ子だからなのでしょうかね。

でも久方ぶりだからか、最初のグラスは若干失敗。
わたしゃ何年この仕事やってんだ?
熔けたガラスは天の邪鬼。

ともかく、ようやく富山にも初秋の風が吹きはじめ、
朝晩の風が随分冷たくなりました。私は暑いのも寒いのも
適応するのに時間が掛かるので、大事をとって上掛けを増やしました。
これから坂道を転げ落ちるように寒くなりそう。

それしにても例年より2週間遅い秋の到来で、
全ての予定をひっくり返されました。
いやはやまいった。先週までの丸々3週間近く、
あまりの暑さに頭がゆだってしまい、息も絶え絶えになりながら
とにかく加工だけは!と体にむち打って作業。
…でも進まない(泣)一歩進んで一歩下がる。
進んどらんやないか!!!!!!!

そんな機能低下した脳みそでは、新ネタなぞ考えられない
有様でした。(芸人?)ネタの神様、改心するから降臨してくれ~。

ま、一度頭が空になる時間も必要なのでしょう。
5年ぶりに1ヶ月近く熔けたガラスから遠のいていたので、
新鮮な気持ちで制作に取りかかれそうです。

取りあえず前向き思考でGO!


スポンサーサイト
  1. 2007/08/31(金) 15:20:25|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蛙ぴょこぴょこ。

久しぶりに2日連続のブログです。サボりすぎなだけですね。

暑さに不平を言っても何も変わらないので、ちょっと毛色の違うお話を。

田舎に住んでいると不思議な楽しみがあります。
あ、ここから下は蛙や蛇が嫌いな人は読まないでください。





工房と家の回りは田園風景。それはそれはビックリするような田舎です。
それ故、虫や蛙、時には蛇も沢山住んでいます。良い言い方をすると自然の宝庫。
他に何にも無いだけっていう言い方もありますが。

そうそう、話を戻しますが、雨蛙は1階と2階の蛍光灯の明かりのある窓
(網戸)の住人で、夜になると彼らが頑張ってしがみついているのを
良く見かけます。何故夜に網戸に集まってくるかというと、
部屋の光に呼ばれて集まってきた、小さな虫達を捕まえて食べる為、
みたいです。蛙に聞いていないので正確なところは分かりません(笑)
とにかく、どの蛙もかなりの腕前でして、俊敏な動きで
虫を一呑み!!!思わず拍手したくなります。すげ~!!

光に集まってくる事を見越して、窓の縁などのちょっとした陰を見つけて
昼から網戸付近に待機している彼らを見ると、
意外と知恵があり、器用な生き物なのだな~と感心します。

ちなみにヤモリやトカゲはいません。なんでだろ。
蛇はたま~に日光浴してますが、彼らは余計な刺激を与えない限り
温和な生き物です。(毒蛇は除く。あれは怖い。)

あぁ変なことを思い出した。
10年ほど前に同級生らと、とある露天風呂に行ったときのこと、
ひとしきり話をしてから、湯船につかってぼ~っとしていたら、
目の前の岩場にアオダイショウが佇んでいました。その距離30センチ!!
さすがにビックリしましたが、蛇も湯気が心地よいのか、
時々舌を出すくらいで微動だにしません。
そんな蛇を見ていると怖い気持ちはどこへやら。
多分私たちの方が後から来たはずなので、
「いやいや、騒がしくてすいません。お邪魔してます。」
という気分になりました。「どうぞどうぞ。」と思ってくれていたか
どうかは分かりませんが。

私が最初に気づいたようだったので、小声で友人達に
「ここでアオダイショウが湯気にあたってるみたい。」と伝えたら、
みんな最初はビックリ!でも、おとなしい様子を見て
そのままそっとしておこう。と意見が一致し、
結局最後まで蛇さんと同席(混浴?)させていただいて、
お先に失礼しました。

私も変わり者だけど、その時同じ意見だった彼女らも大概変わってる。

うーん、あれは何だか不思議な混浴体験でした(笑)

  1. 2007/08/27(月) 20:15:47|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お盆をすぎても暑さが続く。

小林の展示会が終了し、「例年なら」お盆をすぎたら涼しくなるから
吹き作業を本格化するつもりでした。
が、今年の稀に見る酷暑のおかげで、吹きガラスはしばらくお休みしています。

猛暑日に体にむち打つと年末まで引きずりかねないので、
とにかく体と内蔵をこわさないよう、下準備や加工作業。
涼しいはずの加工作業でも、吹き場の熱気が流れ込み、連日35℃超え。
頭から滝のように汗が流れても、湿度が高くて全く気化しないようでしんどいです。
ミネラル不足になってお茶を受け付けなくなってしまい、
水分補給や栄養補給にスポーツドリンクのお世話になりました。
さすが点滴成分。即効性抜群!

加工は危ない部分も多い仕事なので、気を引き締めて取りかかりたいのですが、
頭がボーッとして集中力が持たず、ヒヤッとする事もしばしばありました。
一瞬の油断が一生を棒に振る怪我につながる事は十分承知ですが、
暑くて朦朧としてくると体がいうことをきかなくなるようです。
暑いって恐ろしい。

一番困っているのは、デザインをしたり、事務仕事をする部屋の
冷房が利かないこと(泣)35℃を超えると許容量をオーバーするらしく、
若干涼しくなって30℃(泣)外よりマシか。

「心頭滅却すれば火もまた涼し。」と言いますが、未熟者の私たちには
難しいみたいです。はい、修行が足りませぬ。
出直してきます。

  1. 2007/08/26(日) 16:56:04|
  2. 作品制作風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いきなりの猛暑。

7月は最高気温が28度と、随分過ごしやすい気候だったのですが、
8月に入って、連日32度~33度。時に35度を超える猛暑日も。
吹き場の温度計は40度近くになる為、さすがに吹きの仕事は断念しました。
なにより体が基本(泣)残念ながら20代の頃のような無理は利かないようです(号泣)

毎年の早朝出勤は松坂屋に合わせて見送ってきたので、
今から時間調整するより、じっと暑さをやり過ごしたいと思っていますが、
辛抱堪らず、深夜出勤することになりました。

夜中でも一瞬南国に迷い込んだような錯覚に陥るほど、
暑さの壁で覆われた仕事場。頭がくらくらする位の熱波に
ここは本当に北陸富山か?と可笑しいけれど疑いたくなりました。

私が幼い頃から知っているこの地に、こういう暑さは無かったはず、
と数十年の記憶をたどってみましたが…。
扇風機で涼を楽しめた日は、もう遠い昔のことなのでしょう。

年々夏の気温が上がってきている気がします。
「夏の時期はガラスは休み!」と言える大先生達が羨ましくもあり、
それでも好きな仕事ができれば御の字、なのだとつくづく感じるこの頃です。


  1. 2007/08/14(火) 20:29:16|
  2. 作品制作風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松坂屋展無事に終了しました。

昨日無事に展示会が終了しました。
お越し下さった方々にはたくさんのご助言を頂き、
大変有意義な個展を開催できたことを、ここに御礼申し上げます。

これからも制作に励み、より魅力的な作品作りに勤めたいと
思っていますので、何卒宜しくお願いいたします。


小林俊和
  1. 2007/08/09(木) 10:04:24|
  2. 展示会情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小林展始まってます~

20070803201848
20070803201847
8月1日から無事開催してます。

きれいな画像が届かないので、とりあえず全体が何となく分かる画像を掲載します。

一眼レフデジカメを持参したはずなので、詳細は後日紹介できるかもしれません。
名古屋では初個展。
蒸し暑い季節に、涼し気なガラスをご覧頂けると幸いです。
  1. 2007/08/03(金) 20:18:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。