グラススタジオチロのコトノハ

吹きガラス工房「グラススタジオチロ」のブログです。 H.Pはこちら→http://glasstiro.fc2web.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小物をちまちま制作中。

今年は猛暑ではないとの見解が発表されたようですが、
ガラス工房ではほぼ無縁です。今日も「もやっと」暑い空間で吹きガラス。
大きな物は室温&輻射熱でべろべろにバテるので、
細かい物をちまちまちまちま制作中。
気が向いたら(体力があったら(泣))若干大きめ作品を制作。
あぁキリギリスミナミ。

もう10数年ガラスと向き合っているのに、最近になって、
何故手で触って成形出来ないのか?と思うことがしばしばあります。
チロにはパート・ド・ヴェールやキャスティングをする電気炉は無いので、
最近はALL吹きガラス。当然出来る形に若干限界があります。
(悲しいことに、私の腕では、ですね。)
故に色にも制限あり。あのデザインをガラスで表現するには
どうすれば一番良いか、いろいろ考え中。
粘土ガラスとか、発明されないかな??←アホ。

小林の展示会まであと1週間ですが、(いや、1週間切ってる!)
ここ4ヶ月、寝る間を惜しんでこつこつ制作したおかげで、
何とか展示したいと思っている作品が間に合いそうです。よかった。
車で搬入出来るのでちょっとだけ気楽らしいです。
(破損の心配しなくて良いから。)小林の近況でした。




スポンサーサイト
  1. 2007/07/26(木) 19:12:01|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新潟中越沖の地震

お昼近い時間だったように思います。
出だしはゆらゆら、徐々にグラグラ。ここ高岡でも揺れました。
震度は3。

被災地の方々に、一刻も早い政府、自治体の援助が
行き届くよう祈っています。
お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。


最近日本海側で地震が頻発。
地表を間借りしている人眼には計り知れない
状況や力があるのかもしれません。

地の神のお考えは人間には届かず。

いままで明らかになっていなかった活断層が発見された
といいますが、きっと日本中に嫌というほどあるのでは?
なんせ「地殻プレート銀座」日本ですから。
防災の備えは、どこに住んでいても
必需品なんだと思い知らされました。
※そうそう、寝床の近くに「靴」があると避難時に便利だそう。
水よりも大切かもしれないとか。理由はいろいろ。
逃げるには「足」が大切って事です。




  1. 2007/07/20(金) 13:06:25|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松坂屋展のDMが出来ました。

jp.f36.mail.yahoo.co.jp.jpg


8月1日(水)~7日(火)
営業時間 午前10時~午後7時30分
(最終日は午後5時にて終了いたします。)
松坂屋本店 南館6階美術画廊

全ての日程で小林本人が在廊予定です。
お昼休憩等、中休みを取ることもありますので、
売り場の店員にお伺いくださいませ。
(午前11時~午後6時までは確実に在廊しています。)

ただ今追い込みまっただ中で、毎日徹夜気味に詰めている状況です。
とにかく細かい作業が多くて、作業は日進月歩。
搬入までには何とか完成予定です。

いつもより若干小さめの「鳥」作品も制作しています。
なじみのある作品や、新作が約25点、小物を合わせて40点でしょうか。
お近くの方はご覧くださいませ。
今展ではミナミとの合作もあります。


  1. 2007/07/15(日) 14:53:22|
  2. 展示会DM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近多いお問い合わせについて。

富山は先日からぐずついた天気と蒸し暑い日々が続いています。
梅雨本番というような雨ではないのが救いですが、
久しくお日様を見ていません。日照不足気味だとか。
この季節でお日様がスッキリ出ると、ジメジメした酷暑になる
と思うと、何とも微妙な気分です。本当に晴れて欲しい、か??

真冬生まれ故か、暑さは苦手です。こんな仕事を10年超しているくせに。
今もなんとか体を暑さに慣らすのに必死です。
今年もがんばるぞ~。


さて、最近よくお問い合わせのお電話を頂きます。
「吹きガラス体験」についてです。

実は「チロ」では4年前から吹きガラスの体験を開催していません。
年中展示会の準備に追われていて、丁寧なご指導が
出来なくなってしまったからです。折角お電話頂いても、
上記の理由より他の工房さんをご紹介させていただいています。
お力になれず申し訳ありません。

※「吹きガラス講座」については、オープン当時から
諸事情のため開催していません。今となっては
展示会優先になっていて開講の目処は立たず終いです。

富山市周辺には吹きガラス体験が出来る工房が数カ所ございます。
もし良ければ富山ガラス工房さんのHPより検索してみてください。
チロHPからリンクあります。

ちなみに、「グラススタジオチロ」にはお店らしいスペースは
ありませんので、お越しになるときは事前にご連絡下さい。
打ち合わせは吹き場(作業場)になりますが、ご理解いただけると幸いです。
工房見学(基本的に同業者向けです。)などのお問い合わせも、
展示会の進行状況によりますので、
事前に一度ご連絡下さいませ。

あ、夢をつぶす前に。「グラススタジオチロ」は工場の一角が拠点です。
そんな訳でガラスらしい「煌びやか」で「綺麗」な雰囲気は皆無です(泣)
冷暖房は無し。あ、扇風機ならある(号泣)季節の寒暖差に関わらず、
年中でっかい暖炉があります(笑)かなりあったかいよ~。

…そうそう、これも良く聞かれる。
吹きガラスって、暑いけど痩せません。やつれるだけです。
この業界の人は細い人が多いと言われますが、どうだろう?
まれにビックリするぐらい細い方(男の人に多いかも。)がいますが、
体質であって仕事のせいではないかも??


  1. 2007/07/11(水) 00:21:40|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

富山に帰ってきました。

先ほど、大都会東京より帰還しました。
自分の展示会は終了しましたが、明後日からは
小林の松坂屋展へのバックアップの日々になりそうです!
自分の事で「てんてこ舞い」になっている間に、
彼の展示会まであと1ヶ月を切ってました。あらら。

まあ、私が東京にいる間は加工に専念していたそうで、
数作品は完成させたとのこと。
簡単な全景写真を見せてもらいました。
目白、ルリビタキ、翡翠、アカショウビン、大瑠璃。
全て目に力が宿っている力作ぞろいです。

小林の展示会告知。
昨年開催した「成川美術館」での展示会で、
1辺40cm近くという、ホットワークでは大きい作品
を発表いたしました。松坂屋展ではそれと同等の作品を出品します。
はじめての会場なので、新作、旧作を織り交ぜて、作品25点、
器や小物30点、合わせて50点近くを出品予定です。

特に「小鳥の四季」については、
写真では写し取れない部分が多く、お伝えし難いのが現状です。
機会があったら実物をご覧くださいませ。


  1. 2007/07/04(水) 23:21:21|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松屋展無事に終了いたしました。

今日松屋銀座で行われていた展示会が無事に終了いたしました。
3年近くもの間、都内で展示会をしていなかったのに、
「首を長くして待ってましたよ!」と仰ってくれた方、
「今回初めて観に来た!」の方々、たくさんの方から暖かい
お言葉を頂き感謝しています。
個人情報保護法で、以前に比べて記入しにい芳名帳にも
100人以上のご記入を頂きました。

また、何人もの作家先生とお会いでき、たくさんのヒントを頂いたのも、
これから制作する上で大切な肥やしになりました。

たくさんの素敵な出会いに感謝の気持ちでいっぱいです。

これからは、年1回は展示会を開催したいと思っています。(in都内。)
何卒ご指導、ご鞭撻下さいますよう宜しくお願いいたします。



  1. 2007/07/03(火) 23:51:02|
  2. 展示会情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会場の隣

ミナミの展示の隣はゆかたのコーナーです。
土日だった昨日と今日は、試着の為か、人がごったがえしていました。
色とりどりでとても華やかな様子でした。

今日着物を着たお客さんに
「この器のデザインの帯留はできないの?」と聞かれました。
「今回の展示が好評なら、また来年松屋さんで
展示会をできるかもしれません。その時は新作として
是非検討させていただきます。」

とお答えしました。
展示会もあと2日。少しずつ微増しているお客さんの為にも、
次に繋がるよう頑張ります。
  1. 2007/07/01(日) 22:26:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お詫びいたします。

昨日は夕方の一時期、私どもの親族が騒がしくしていた
時間帯があり、接客が大変手薄になってしまいました。
興味を持っている方がご来店し、説明を求めていらした
可能性があるのに、会場の中央通路を1時間半近く封鎖する形となり、
結果として満足にご覧いただけない状況を作り出してしまいました。
深く反省いたしております。大変申し訳ありませんでした。

他の美術サロン、美術ホールのお客様、各作家の方々、売り場の方々にも、
この場をもちまして心からお詫びいたします。

百貨店の美術売り場とは「静かに美術品を見極め、購入する場。」でございます。
こちらの対応の不味さから、それらにそぐわない不適切な雰囲気になってしまい、
深く反省いたしております。

今後は場所をカフェに移動するなど、対応を改めていきたいと
思っています。これに懲りずに、これからも何卒ご指導、ご鞭撻のほど
お願い申し上げます。

会期終了まであと3日。なかなか首都圏では展示会の機会がありません。
もしお近くにお越しの際はご高覧下さいますよう、お願いいたします。
  1. 2007/07/01(日) 09:03:57|
  2. 展示会風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。