FC2ブログ

グラススタジオチロのコトノハ

吹きガラス工房「グラススタジオチロ」のブログです。 H.Pはこちら→http://glasstiro.fc2web.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガラスチャージ完了

年始にチャージしてから今までノンチャージだったので、
完全にすっからかんになっていた坩堝。
先週土曜日に1日掛けて満タンチャージしました。

チロ炉は丸4年以上使っている割には、坩堝や炉壁が
比較的綺麗な状態を保っています。
日頃のメンテナンスの賜?
いえいえ、これといって何もしていません。
とにかくあと2,3年はこのまま割れたり崩れたりせず
頑張ってほしいものです。

  ※坩堝交換は1年に1度がセオリーですが、
   チロ炉はタンク炉なので5年は維持出来る設計です。
   タンク炉についてはググってみてください。
   結構ガラス屋さんのHPって多いので面白いです。

熔けたガラスが坩堝いっぱいになると、人間現金なもので、
よっしゃ~仕事しようかな~。とやる気になったりします。
涼しいうちに大きめ作品を作ろうと張り切ったら
なんだか右手の具合がおかしい。
あ、…ちょっと前に痛めた親指付け根をひねってしまいました。

軽い捻挫状態だから癖になってしまうのでしょうか。
テーピングをして様子を見ながらちょっとずつ頑張ってます。
テープの接着剤が強くって、剥がすときの方が痛い~。
でもこれ以上拗らせるよりましでしょう。

新しいオブジェも色々制作中。
新鮮に感じていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/28(水) 18:30:54|
  2. 作品制作風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なかなか頑張れない。

仕事に気が乗る、乗らない、誰でもあることなのかもしれません。
最近そんな病に冒されているミナミです。

一時期重なっていた注文や、納品が済んだとたん、
なんだか小休止な気分になってしまっています。
まった~りした空気が自分の周りを漂っている…。


う~ん、このままじゃいかんのです。
5月には高岡大和で個展があるのです。
6月にも銀座松屋があるのです。
要するにオブジェも作品も今以上の物が
約2倍の点数必要。

いろいろ凹んだ気分を余韻のように引きずっているのが
原因かもしれません。自分で自分のしつこさにびっくり。

何とか気分転換して、2,3日中に気分を軌道に乗せて
気持ちよく仕事したいものです。

そうそう、先日フレーバーティ買いました。
イチゴショコラチャイが作れるらしいので、
簡単に作ってみたらとても癒される味でした。

今の私に必要なのは癒しなのかもしれない。
↑何を甘えているのだか、我。
喝じゃ!

すっきり気分の良い空気をまとった作品を
皆様にお見せできるようちょっぴり充電します。

きっとそういう時間も大切なのでしょう。
多分。
  1. 2007/02/18(日) 19:20:25|
  2. ガラスについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卒業シーズンになりました。

母校やら、他の学校から卒業制作展のDMを頂くシーズンになりました。
私たちが学生だった頃は、ガラスを教えてくれる学校は、大学、専門学校
合わせても5カ所程度だったと記憶しています。
現在全国に約20カ所。毎年350人以上の卒業生がいるとか。
ガラスもメジャーになったなぁ。

…なんてのんきに構えていられないようで。
毎年このシーズンが来ると、卒業する学生さんが
何組か見学にいらっしゃいます。開口一番。

「チロさんのようなガラス工房つくりたいんですけど。」

うんうん。頑張ってください。
工房を作るのはそんなに難しくないと思いますよ。
資金400万円位準備できれば。

けどね、夢物語では生きていけませんよ。
霞を食べて生活できませんよ。
炉の維持、管理、ガラス材料、ガス代の諸経費って
莫大な金額なんですよ。なんせ毎年35歳のサラリーマンの
平均年収が、工房運営で跡形もなく消えるくらいなんですから。
しかも生活費はそれ以外に必要なんですよ。
工房を維持するのも、自分の作品をお客様に買っていただくのも
本当に大変ですよ。販路はありますか?

と、結構シビアな話をします。
中には身内に支援してもらえる(セレブ??)
それはそれは恵まれている方もいるので、
「はい。それぐらいは無問題です。」
と言われてしまうこともありますが、
(できればそんな方に我々2人纏めて雇ってほしい…。)
ほとんどの方はそれには当てはまらないので
こういう苦言も糧にして、これからの長い人生について
よく考えてほしいと思います。



最近ガラス工房を閉鎖する方がちらほらいらっしゃいます。
私たちが使っている加工機も、6年前に閉鎖なさった
とあるガラス工房からまとめてお譲りいただきました。
辞める理由は千差万別。いろいろな事情があるようです。



一番言いたいのは、これから先、何らかの事態があったときでも
後悔しない人生にしてほしい。でしょうか。
ガラス漬けで貧○だったけど楽しい人生だった。
途中でガラスから離れたけど、あれは貴重な体験だった。とか。
あれ、ちょっと後ろ向きっぽい?

袖ふれあうも多生の縁。
若い皆さんに頑張ってほしいと切に願います。


  1. 2007/02/14(水) 20:45:27|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風邪にご注意

我が工房はトタン張り。よくある町工場を思い浮かべていただければ
わかりやすいでしょうか。母体の工場が広いのに、
仕切りが皆無(泣)そのため暖房は「無駄」です。
溶解炉があっても寒いくらいですから。
体感温度は野外と変わりません。風が入ってこないのが唯一の救いかも。

この仕事場での我々の冷え対策は、

※夜間はなるべく溶解炉の前で加工する。
※野外に行くくらいの厚着をする。
※水仕事はゴム手袋をする。(薄手)
に加えて、私は下記項目鉄則です。
※手首、足首、首を保温する。
レッグウォーマーと、アームウォーマー、
薄手のマフラー(時々タオル)は絶対に欠かせません。
タレントの中尾さんの様にねじねじです(笑)
時々タオル、の場合はビジュアル的に人様に見せられません。

必需品なのでマフラーがコレクションみたいになってきてます。
ウールオンリーだとチクチクして集中出来ず、
フリース素材だと放電人間になり、結局使えないことが多いので、
カシミヤ、シルク混が多いです。

極寒時に使う朱色のムートンマフラーは首が回らなくなるぐらい
どえりゃ~ごっついものですが、
なぜか全然チクチクしないので重宝してます。
加工の仕事は手元が汚れるので、いつも暗色系の服装。
差し色になるような明るい色の巻き巻きが多いです。

そうやって色々工夫しているにもかかわらず、
先週ちょっと冷えた日に、サンドブラスト機の前で3時間粘って
お仕事をしましたら、体調を崩してしまいました。
原因は…マフラーを忘れていたから。

集中していると冷えに気がつかないようで、
気がついたときはすでに遅し。
現在ようやく体調が戻り、寒い加工場で作業しています。
やはり冷えは厳禁。
  1. 2007/02/11(日) 19:27:55|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作業中

20070207175305
注文の作品を制作中。
加工している品物は赤翡翠ちゃんなのですが、
手元はぶれてしまって、何だか良く分かりませんね~。
鳥はホットワーク後の加工で、随分仕上がりが変わります。
ルーター(歯科道具用、ダイヤドリル)でこつこつ削って模様を彫りますが、
水を用いる作業は今の季節きついので、
暖かい炉を暖炉の代わりにして彫り彫り。
今月中にはお待たせしている作品達を発送予定です。

  1. 2007/02/07(水) 17:52:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暖冬の影響

全国的に暖冬と言われていますが、富山も暖かい日が続いています。
今季は雪が20センチ程度積もったきり。
過ごしやすくて良いのですが、冬らしさが足りないと
他の季節にしわ寄せが行く気がするのですが…。
こちらでは雪が少ないと虫が増えるため、春からの作物に影響が出る。
という話も聞きます。

近年の変な天気。温暖化の影響でしょうか。
それとも、たまたまそういう周期だったのでしょうか。
評論家や専門家がいろいろ論じていますが、現時点では結論は出ないでしょうね。
経済成長と環境保全、今の時代は両方成り立たないのがもどかしい。
きっと随分未来になってから結果云々が顕著に表れるのでしょう。
負の遺産を次世代に残したくありません。

温暖化対策として、うちの工房も益々省エネ対策しなければ。
  1. 2007/02/04(日) 17:29:24|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。