FC2ブログ

グラススタジオチロのコトノハ

吹きガラス工房「グラススタジオチロ」のブログです。 H.Pはこちら→http://glasstiro.fc2web.com/

今度は色ガラスの話。

ガラスに着色は珪砂、ソーダ灰、炭酸カルシウムなどの原料に
金属酸化物を混合し、それを溶解して作られています。

酸化銅なら青緑色、酸化クロムなら若草色など。
詳しくは三徳工業の材料のページをクリック↓
http://www.santoku-kogyo.co.jp/arekore.htm
こちらの着色材についてのページが役に立ちます。

私たちは業者やガラス会社の作っている色ガラスから選択して
(作品に応じて。)購入していますが、
知識があれば自分のオリジナルの色が作れます。
↑時間とお金がかかるのでお勧めはしません。
簡単なのはコバルトブルーやマリンブルー系でしょうか。

ただ、陶芸の釉薬と似ていて、朱赤や黄色などの
暖色系が発色しにくいのが難点です。
溶かすときの状態や温度、加熱時間によって
色が変わってしまいます。

それに残念ながらイタリアングラスの美しい赤は
他の国では作れないです(泣)
(使用する薬品が体に悪いっちゅう話もあります。
何となく見当がつきますが怖くて名前は書けません…。)

これにて夏休み研究企画は終了です(笑)
いつから企画だったのだろうか…。
あ~暑い…。

スポンサーサイト



  1. 2005/08/20(土) 13:46:55|
  2. ガラスについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2