FC2ブログ

グラススタジオチロのコトノハ

吹きガラス工房「グラススタジオチロ」のブログです。 H.Pはこちら→http://glasstiro.fc2web.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

作品写真

久々に作品の写真です。
ミナミの物ですが。

かざぐるま
のばら
牡丹一華と蝶



私信 N様

どれも現在在庫はありませんが、最近の作品で、
春夏に良さそうな物です。











































































スポンサーサイト
  1. 2009/03/07(土) 20:11:57|
  2. ミナミ作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先日のガラス片が

こんなんなりました。20050910171111.jpg

先方の希望で掌サイズ。約10cmちょっとでしょうか。
いつもでっかいサイズばかりだったのでこのサイズは新鮮!でした。
最大のもので幅1m近い作品もありました。
↑石川県能登島ガラス美術館に嫁入り。

こういうオブジェに近い作品って楽しいな~。
また口実があれば制作したい...。
  1. 2005/09/10(土) 17:19:22|
  2. ミナミ作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

薄氷

200509041518072
20050904151807

ん?これは何?

…花びらではありません~。注文のガラスのパーツです。
薄い吹き玉を切断し細かく加工しています。エッジは薄くなりすぎないように
細心の注意をはらって仕上げた後、サンドペーパーで面取りしているので「手が切れる!」なんて事はありません。
ただかなり薄いので取り扱いには注意が必要です。

本人としてはこうしてバラバラのままの状態でもお気に入りです。
自由奔放な感じが。
そうそう、限界まで薄いと水にも浮きます。
笹舟ならぬガラス船。なんだか物語の世界みたいです。

たまにこの状態で売って欲しいとの申し出もあるのですが、
数が準備できないことと、繊細すぎるためお断りしています。
うまく改善できれば考慮したいと思っています。企業努力、大切です。

この作品たち、友人知人からは
「作品が繊細すぎてあなたのイメージとはかみ合わない…。」
等あまり嬉しくない言われ方をしています。あんまりだとごねたら、
「ならしゃべるのを少し控えたら良いかも?」と返された。ごもっとも。


  1. 2005/09/04(日) 15:18:07|
  2. ミナミ作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

作品

200507301418052
20050730141805

ミナミのHPに載せれる作品画像が無いです~。
最近の作品をデジカメで撮影していなかったからです。
オブジェのスライドならいっぱいありますが、スライドからデーターにする機械の調子が悪いのでまた今度。やっぱり遅くなりそうです。

とりあえずここでちょっとはお見せできれば。
金沢にて展示予定の花入れです。出来たてほやほや。

これは表裏ある花入れです。
七宝のように銀の上に色をのせて制作しています。


  1. 2005/07/30(土) 14:18:05|
  2. ミナミ作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蝶々2

昨日の作品とは異なりますが蝶々です。
少し前の作品なんで雑な部分もありますがその辺はご勘弁を。
20050712113315.jpg

水盤にも使える大きめのボールで、ラナンキュラスなどの大輪の花を浮かべて使って欲しいな~なんて思って作ったもんです。
いずれにせよ蝶々苦手~な人にはたまらない一品です。
今度の金沢2人展に出品しますので実物はこちらで。
[蝶々2]の続きを読む
  1. 2005/07/12(火) 11:37:07|
  2. ミナミ作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

蝶々

昨日は午後から頭痛でダウンしておりました。日頃の行いの所為でしょうか。
せっかく今月に入ってから毎日更新していたのに少々残念です。

20050711090642.jpg


花入れの模様に蝶を施すことがありますが、結構「苦手」な方が多くて驚きました。
まあ確かに虫ですけど。それに元「芋虫」ですけど。
花に寄ってくるイメージなんですが、きもい?

昨年より具象柄が多かったのですが、今秋に東京での展示会を控えて半分程度は抽象的な柄をモチーフにしようと思っています。元々取り組んでいた方法に変換するので比較的作りやすそうです。
出来れば来年2月の展示会で全部抽象柄で行ければと…。
あれこれ考えていたため知恵熱のごとく頭痛が発生したのかもしれません(泣)

  1. 2005/07/11(月) 09:22:33|
  2. ミナミ作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ほぼ完成~

20050704161804
昨日の作品完成バージョン。
白いテープ部分が削れずに残ります。(青緑に見えていた部分をサンドブラストで一層削った。)
使用前→使用後がある方が分かりやすいかと。
さて、明日は2人とも搬入です。
特に小林氏、目途ついたのか?今回は少し余裕があるようです。
  1. 2005/07/04(月) 16:18:04|
  2. ミナミ作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オブジェ制作について

20050624075010s.jpg

おはようございます。まだサマータイムに慣れきっていない2人です。ようやくちゃんと頭が冴えてきました。やれやれ。
最近はもっぱら工芸に取り組んでいるのですが、オブジェ(アートピース)ついて一言。
オブジェとは所謂置物のようなものです。美術館や博物館で用途のない作品を見たことがあると思いますが、それがオブジェです。
これは99%自己満足なので制作過程が異常に楽しい反面、万人の方に受け入れられる品ではないため今は少し自粛しています。
きっと内面的な表現方法だからブランクもなく、いざとなれば復帰しやすいと思っているからかもしれません。
何度かオブジェのみの展示会を開催しましたが反応が千差万別で楽しかったです。またいろいろ落ち着いたら企画したいと思っています。
この画像はちょっと小さめのオブジェ。花や結晶のイメージを元に制作しています。
  1. 2005/06/24(金) 08:23:22|
  2. ミナミ作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。